text for flat

これは私が実践認識論として作品に向き合う行為の中の一つ(flat)について書いたものである。
私は一本の色糸を一つの個として選択することを数千〜数万回行うことによって、個の集合体としての一つの世界を形成するが、ここでは主観的な選択を避けることで無目的に色糸を選択する。
私の個人的な一切に関係無く色糸は一つの個としてその色を主張するが、無目的な選択は混沌を作り出すことを目的としたものではない。主観的な選択を放棄することによって調和を欠いたという人がいるかもしれないが、その場合不調和とは一体誰にとっての不調和なのだろう。
世界は自分以外の全ての他者たちによって構成されている。
そこには欲しいものがあるかもしれないし、欲しいものではないものがあるかもしれない。
世界とはもともとそういうものではないだろうか。