text for passive

これは私が実践認識論として作品に向き合う行為の中の一つ(passive)について書いたものである。
私は一本の色糸を一つの個として選択することを数千〜数万回行うことによって、個の集合体としての一つの世界を形成させるが、ここでは任意に色糸を選択をすることができ、思いに任せることも好みに従うこともできる。
任意での選択は理想を目的としたものではない。あくまで私の個人的な趣味に関係無く色糸は一つの個としてその色を主張する。
世界はただそこにあるし、他者(自分以外の自分とは異なる何か)はそこにいる。
依然として色糸は一つの個としての色を主張し続けているが、集合体となった世界を前に選択の時点で存在していた思いはどこかへ行ってしまったのだろうか。色の営みに注意を向け、その世界が語りかけてくる何かを改めて認識する。それは求めていたものかもしれないし、求めていたものではないものかもしれない。
そこではあらゆることが同時に起こる。
あなたが世界から何かを享受しようとする時、世界とはもともとそういうものなのだろう。